熊野新宮遺跡群が発掘された土地で建設工事中

新宮市文化複合施設建設工事中
新宮市文化複合施設建設工事中

熊野新宮遺跡群が発掘された土地に新宮市文化複合施設を建設工事中。

熊野新宮遺跡群は新宮の地が日本有数の港湾宗教都市であったことを示す川湊の遺跡です。

本当にもったいない。

新宮市文化複合施設建設工事中
新宮市文化複合施設建設工事中

本当に重要な遺跡なのですが。
下は熊野新宮遺跡群についてお話した2分40秒ほどの動画です。

11月11日はサッカーの日

中村覚之助顕彰碑 JR那智駅前

本日11月11日はサッカーの日 。
日本に初めてサッカーを紹介した日本サッカーの始祖・中村覚之助(なかむら かくのすけ)は和歌山県那智勝浦町出身です。

日本サッカー協会のシンボルマークの3本足のカラスは中村氏の郷里・熊野の神使ヤタガラスを取り入れたものだと思われます。

11月11日は箸の日

箸

本日11月11日は箸の日。

熊野では山に弁当を持っていくときに箸を持っていってはいけないとされました。箸は単なる食事の道具ではありませんでした。
山の箸:熊野の説話

箸が単なる食事の道具にとどまらず、神や仏、生命の宿る小さな杖、柱であると意識された。…箸はさまざまな霊の宿る小さな柱である。…この依代としての機能があるため、どのような霊が依り憑くかも知れないと考え、熊野では山に箸を持って入ることを忌む風習が起きた。

松原右樹遺稿 熊野の神々の風景』松原右樹遺稿刊行会、25-26頁

今では普通に山にも箸を持っていきますが、箸は霊の宿る小さな柱だったのです。