那須晴次『伝説の熊野』、公開開始

著作権の消滅した熊野関連の著作を公開している「み熊野ねっと別館」で、那須晴次『伝説の熊野』の公開を始めました。

那須晴次氏は和歌山県田辺市出身の国語・漢文の教育者。昭和41年(1966年)没。
『伝説の熊野』には面白いお話がいっぱいです。すでに20ほどお話を公開していますので、ぜひお読みください。

熊野花祭、5番目の演目「榊鬼」 の舞の動画をフルバージョンで公開

数百年の時を経て昨年12月8日に実現した奥三河の花祭の熊野への里帰り公演で5番目の演目「榊鬼」 の舞の動画をフルバージョンでYouTubeに公開しました。

榊鬼は人と問答を行う鬼です。ショートバージョンの動画では問答の場面を入れていないので、こちらの動画も見ていただけたら嬉しいです。問答は 12:16 からの1分間ほど。

榊鬼は花祭で最も重要視される鬼で、榊鬼の舞は大地に新しい生命力や活力を吹き込み、自然の恵みや五穀豊穣をもたらすといわれています。

花祭は冬至の頃に行われます。太陽の力が弱まり、万物の生命力が衰えているように見える冬至の頃に、鬼や舞い手たちが大地を踏みしめる反閇(へんべ、へんばい)という所作を通して大地の精霊を呼び起こします。