和歌の世界では熊野といえば恋

三輪崎漁港

以前に「熊野地方で恋愛に関連する場所ってありませんか」と聞かれたことがあるのですが、そのときは思い付かなくて答えられませんでした。

でも、よく考えてみたら、和歌の世界では熊野といえば恋です。

建保3年(1215)に成立した、全国の名所100ヶ所を春・夏・秋・冬・恋・雑の6つに分類して和歌1200首を収めた歌集『建保名所百首』では「み熊野の浦」は恋の部に入れられています。

み熊野の浦、熊野の浦を和歌に詠み込むときは基本的に恋の歌になるのです。

  • み熊野の浦より遠(をち)に立つ霧のはれぬ思ひをなほやへだてむ(914 順徳院)
  • 昔より玉かとのみぞみ熊野の浦までとほる袖の涙を(914 行意)
  • ときのまの夜はの衣の浜木綿やなげきそふべきみ熊野の浦(915 定家)
  • 日にそへて人の心をみ熊野のつらさかさなる浦の浜木綿(916 家衡)
  • へだつともふきたにかよへみ熊野の浦より遠の八重の潮風(917 俊成女)
  • み熊野の浦の浜木綿とへかしと思ふ嘆きはなほそかさなる(918 順徳院兵衛内侍)
  • み熊野の浦の浜木綿白妙の袖のわかれも祈り重ねよ(919 家隆)
  • いくたびかいそへのしほのさしながらつらき心をみ熊野の浦(920)
  • ちきりしにあらぬつらさをみ熊野のあはでつきひや浦の浜木綿(921 知家)
  • み熊野の浦の浜木綿いくよ経ぬあはぬ涙を袖に重ねて(922 範宗)
  • み熊野の浦の浜木綿たつ波の世にふる袖を人にとへかし(923 行能)
  • 忘らるる身こそはあらめみ熊野の浦のかひある名をばとどめよ(924)

ハマユウ

和歌の世界では「み熊野の浦」といえば浜木綿(ハマユウ)が連想されます。ハマユウは海辺に生えるヒガンバナ科の多年草。葉が幾重にも重なっていることから、「あなたへの思いが幾重にも重なっています」というときに「み熊野の浦の浜木綿」が詠み込まれます。

み熊野の浦
http://www.mikumano.net/uta/ura.html