これをやったのは熊野の湛増だけ

梅原猛さんのご著書をパラパラと読み返しています。

あのときはね、何とか言ったな、長慶の何とかっていうんですね、熊野と伊勢はどっちが尊いかということを後鳥羽上皇が学者たちに意見を出させるんですよ。そのとき、「同体」だというふうに言うんです。それはみんな後鳥羽のご機嫌をとるために同体だというふうに言うわけですね。同体だけど、伊勢さんは純粋な神様だ、仏様はない、熊野は神様であると同時に、仏様である。熊野は阿弥陀浄土ですからね、熊野のほうが上になっちまうんですね。そういうことで熊野の湛増というのが伊勢神宮に暴れ込むんですね。あれは日本の歴史の中でかれだけでしょう。伊勢の神宮に侵入して、伊勢の宝物をぶち毀したのは。これをやったのは熊野の湛増だけですわ。それは自分のとこが伊勢と同格、あるいは上になったのでああいうことをしたと思うんですけれどもね。
(梅原猛、中上健次『君は弥生人か縄文人か』集英社文庫、49頁)

「長慶の何とか」は長慶ではなく長寛で、長寛勘文(ちょうかんのかんもん、ちょうかんかんもん)。

後鳥羽上皇とあるのは梅原さんの勘違いで、実際は後白河上皇が学者に意見を出させた勘文(報告書)。伊勢の神様と熊野の神様が同体であるか否かが論議され、結局非同体という結論が出ましたが、伊勢熊野同体説は一時期、中央においても広く信じられていました。

湛増は第21代熊野別当。湛増が伊勢神宮に暴れ込んだことは鎌倉幕府が編さんした歴史書『吾妻鑑(東鏡)』に記されています。以下、『紀伊続風土記』より孫引き(私による現代語訳)。

また『東鑑』治承5年3月6日壬午の条に「大中臣能親、伊勢の国より書状を中八維平のもとに通す。この書状は、去る正月19日、熊野山湛増の従類と号し、伊雑宮に濫入し、御殿を錐り破り、神宝を犯して用いたため、一の禰宜の成長神主の命令で御神体を内宮に遷し奉るところを、同26日、件の輩衆がまた山田・宇治両郷に襲来し、人屋を焼失し、資財を奪い取った。天照大神鎮坐以降千百余年、皇御孫の尊垂跡の後六百余年、未だこのような例はなかった。今は源家再興の世である。当然、謹慎の儀があるべきなのに、という内容であった。維平はこの書状を頼朝さまにお見せになった。湛増は味方であるのに、このような企てがあるとは、と頼朝さまはたいそう驚いてお聞きになった。敬神のために御立願あるべき旨を報じ仰せられた云々」とある。
第21代熊野別当 湛増:紀伊続風土記 現代語訳

たしかに、熊野は伊勢と同格、もしくは熊野のほうが上という認識がなければ伊勢神宮に暴れ込むなんてことはできないですよね。

川上不白生誕300年

今年2019年は新宮出身の茶人・川上不白(かわかみ ふはく)生誕300年の年。

川上不白は江戸に趣き、江戸で表千家流茶道を広め、人気を博しました。その人気は不白没後に不白を祖とする江戸千家という流派が誕生するほどでした。

生誕300年ということで各地で催しが行われるようですが、出身地である新宮でも何かありそうですね。

梅原猛さんの言葉

梅原猛さんが亡くなられました。

梅原猛さんは以前、熊野の人たちの前で「熊野から自然との共存を根底に置いた思想、生き方を発信せよ」と語られました。私の胸には今も梅原さんの言葉が突き刺さってます。

梅原猛さんは死後も現世に影響を与え続けます。

梅原猛さんの『日本の原郷 熊野』は熊野入門書の古典です。

明日は今年2度目の湯登神事

明日10月13日には今年2度目の湯登神事を行ないます。湯登神事を年に2度行うのは、たぶん熊野本宮大社2050年の歴史上初めてのことです。

通常、湯登神事は熊野本宮大社例大祭の初日4月13日に1度行われるだけです。

湯登神事について文化人類学者の鈴木正崇先生のご著書より。

湯登は精進潔斎して山に登り、稚児は十二所権現のお使いとして拝所ごとに八撥(やさばき)の舞を奉納して神降ろしをする。湯(ユ)は潔斎だけでなく、斎(ユ)にも通じ神降ろしも意味する。湯登は多義的な湯の意味づけで成り立つ。
(鈴木正崇『熊野と神楽 聖地の根源的力を求めて』12頁、平凡社)

明日、私は裃を来て湯の峰温泉から大日越えをします。

湯登神事の後は八咫の火祭りにも参加します。

花祭熊野公演プレイベント、三上敏視さんの神楽ビデオジョッキー、11/4・11/5、本宮と新宮で開催!

三上敏視(みかみ としみ)さんのご著書『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング)。

三上さんの神楽研究は、日本人の音楽の真実のルーツ、深層の神楽への直感に支えられている

推薦文を第26回南方熊楠賞受賞の中沢新一先生が書かれています。三上敏視さんのプロフィールを『神楽と出会う本』より。

音楽家、神楽・伝承音楽研究家。多摩美術大学美術学部芸術学科非常勤講師、同大学芸術人類学研究所(中沢新一所長)特別研究員。辺境の神楽を中心にフィールドワークを続け、神楽の国内外公演コーディネイトも多い。2001年に別冊太陽『お神楽』の構成・執筆を手がける。ミュージシャンとして細野晴臣の環太平洋モンゴロイドユニットや東京シャイネスに太鼓、ギター、ディジェリドゥーなどで参加。自身のユニットMICABOXでは神楽のビートを活かした独自の音楽を追究し、2006年にはロンドン公演を実現させた。また気功音楽家として『気舞』『香功』などの作品を発表している。1953年愛知県生まれ。

そのような三上敏視さんを熊野にお招きして「神楽ビデオジョッキー」を開催いたします。神楽ビデオジョッキーは三上敏視氏が全国各地の神楽を訪ねて撮影した映像を上映しながら神楽を解説するもの。今回は奥三河の花祭を中心に解説してくださいます。花祭熊野公演に向けて「せいと衆」のレクチャーもあります。せいと衆とは歌などで参加して祭りを盛り上げる観客のこと。
https://www.facebook.com/events/2187581481513257/

祝!花祭熊野公演プレイベント
三上敏視さんの「神楽ビデオジョッキー」

『中世の熊野と神楽~熊野修験と奥三河の花祭』

日時:11月4(日)18:30~20:30(17:30会場)
場所:くまのこ食堂
和歌山県田辺市本宮町本宮452-1
tel: 0735-30-0878
料金:大人2,500円(ワンドリンク軽食付き)、小学生~高校生1,500円(幼児無料)

『神楽と縄文』
日時:11月5日(月)19:00~21:00(18:30開場)
場所:ユースライブラリーえんがわ
和歌山県新宮市千穂1-3-1
tel: 0735-29-7105
料金:大人1,000円(飲食持ち込み可)、子ども無料

そして神楽ビデオジョッキーからおよそ1ヶ月後の12月8日(土)には、熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年の時を経て熊野に里帰りします! その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください!

花祭熊野公演チラシの印刷用のPDFデータを公開しています。
ダウンロードしてプリントアウトしてご利用ください。お店などに貼って宣伝にご協力していただけたら助かります。写真を撮るなどして、TwitterやInstagramでハッシュタグ「#熊野花祭」をつけてご投稿いただけたら嬉しいです。

できるだけ多くの方々に来ていただきたいので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

チラシ表PDF チラシ裏PDF