今日は乳の日だそうで、

今日6月の第3日曜日は父の日ですが、そこから一部の人たちの間ではおっぱいに感謝する「乳の日」ともされているようです。

ですので、以前公開したちちさまの動画を再編集して改めて公開しました。

ちちさまは乳の神様の宿る奇岩。乳の少ないお母さんが乳が出ますようにと願いをかけると乳が出るようになると伝えられます。

熊野本宮大社から徒歩20分ほどの所にありますので、子育ての祈願にどうぞお参りください。

数百年の時を経て実現した奥三河の花祭の熊野への里帰りで最初に行われた清めの儀式「うち清め」

数百年の時を経て実現した奥三河の花祭の熊野への里帰りで最初に行われた清めの儀式「うち清め」 の動画をYouTubeに公開しました。

「うち清め」は、花祭が始まる前に花祭の最高の司祭者である花太夫(はなだゆう)が花祭を行う場所を清めて回る儀式です。

七瀧や 八瀧の水を 汲み上げて 汲み上げて 日頃の不浄を 今ぞ清める きよむとて ようだの塩で ななた清める

と祓いの祭文を唱えて場を清めます。

奥三河の花祭熊野公演から半年が過ぎました

奥三河の花祭 熊野公演から半年が過ぎました。
数百年の時を経ての奥三河の花祭の熊野への初めての里帰り。
今から思うと、すごいことを実現したのだなと改めて思います。

公演前に私がさせていただいたご挨拶の動画を先日公開しました。
動画編集しながらその時の感動や楽しかった記憶が蘇りました。歴史的な瞬間を多くの方々と共に立ち合うことができてよかったです。

いよいよこれから歴史的な瞬間を迎えます。熊野三山ではかつて湯立神事というものが行われていました。お湯を沸かして神様に捧げて、そのお湯で人々を清めるという神事が行われていました。その熊野の湯立神事が山伏によって愛知県の奥三河に伝えられて、それが奥三河で独自に発展を遂げてできあがっていたのが奥三河の花祭だと考えられます。

残念ながら熊野三山で行われていた湯立神事はいまは湯釜を残すだけで、神事そのものは失われてしまいました。それはとても残念なことなのですけれども、しかしながら、本日、熊野から伝わった湯立神事が、数百年の時を経て、ここ熊野本宮大社旧社地大斎原に里帰りします。この歴史的な瞬間にみなさまとともに立ち会えることをとても幸せに思います。

熊野はかつては日本の宗教の中心地でしたので熊野信仰が成立に関わる民俗芸能は全国各地にあるんですけれども、それらのなかでいちばんの代表といえるのが、奥三河の花祭です。

というようなご挨拶をさせていただきました。ぜひ動画をご覧ください。

奥三河の花祭 熊野公演 2018.12.8 熊野本宮大社旧社地にて