南方熊楠が昭和天皇へのご進講でお見せした標本

昭和天皇へのご進講の際に標本箱を入れて献上したキャラメル箱のレプリカ
南方熊楠顕彰館所蔵

今から90年前の昭和4年(1929年)6月1日に南方熊楠が昭和天皇にご進講(天皇や貴人の前で学問の講義をすること)をしました。

熊楠は標本等をお見せして、その説明を行いました。日本における変形菌研究の先駆者として知られた熊楠ですが、用意した標本は変形菌だけではありませんでした。

まず最初にお見せしたのがウガの標本でした。尾にコスジエボシが複数くっついたセグロウミヘビ。

2番目にお見せしたのが、熊楠がキューバで発見した新種の地衣類、ギアレクタ・クバーナ(Gyalecta cubana)の標本。地衣類は木の幹や岩の上などに生え、一見コケ植物のようにも見える生き物ですが、コケ植物ではありません。菌類と藻類という異なる種の生き物がくっついた共生生物が地衣類です。

3番目にお見せしたのが、海岸の洞窟に棲息するクモの標本。
4番目は、オカヤドカリという陸上で生活するヤドカリの標本。
5番目は、熊楠が二十代前半、アメリカにいたときにウィリアム・カルキンスという植物学者から贈られた菌類や地衣類の標本をまとめた冊子。熊楠自身が採集した標本も付け加えられています。
6番目は、ご進講の前年の秋から八十日程かけて和歌山県日高川町の山にこもって採集した菌類の図譜320種。

そして最後にお見せしたのが、変形菌の標本110点でした。

ご進講の時間は25分と決められていましたが、延長を求められ、5分ほど時間を超過して講義が行われました。その延長時間のなかで熊楠は、神島に生える彎珠(わんじゅ)の保護などについて語ったそうです。

講義するに当たって導入部がとても大切だと思いますが、熊楠は最初にウガをお見せし、次に地衣類をお見せしました。

ウガはセグロウミヘビとコスジエボシがくっついた生き物であり、地衣類は藻類と菌類がくっついた生き物です。異なる2つのものがくっついたような存在を熊楠は重要視しており、お見せしたいと考えたのかもしれません。

最後にお見せした変形菌にしてもアメーバとキノコという異なる種の生き物がくっついたかのように思える生き物です。

熊楠の学問も生物学や民俗学、文学など異なる学問をくっつけるかのような、異なる学問の領域を行き来するものであり、そのような存在のあり方を熊楠は好んだように思われます。

キュバにて小生が発見せし地衣に、仏国のニイランデーがギアレクタ・クバナと命名せしものあり。これ東洋人が白人領地内において最初の植物発見なり。

「履歴書」『南方熊楠全集』七巻、平凡社