GW中に思ったこと

GW中、全和歌山県民には和歌山県から不要不急の外出自粛を要請されていましたが、県外からの観光客が観光地に押し寄せました。

コロナ禍にあって国が分散型旅行を促進するなか、どうして特定の期間に人がどっと観光地に押し寄せるのか。

旅行需要の平準化は長らく日本の観光の大きな課題であったけれども、旅行需要の平準化に国が実効性のある取り組みを行ってこなかったことのツケがコロナ禍の今、回ってきています。

まず政府がしなければならなかったのは先進国なら当然批准している国際労働条約の132号(年次有給休暇)に批准することでした。

労働者は1年勤務につき3労働週(5日制なら15日、6日制なら18日)の年次有給休暇の権利をもつ。休暇は原則として継続したものでなければならないが、事情により分割を認めることもできる。ただし、その場合でも分割された一部は連続2労働週を下らないものとされる。
休暇給与は先払いとし、祝日や慣習上の休日は年次有給休暇の一部として数えてはならない。また、病気やけがによる欠勤日は、一定の条件下で年休の一部として数えないことができる。有給休暇を受ける資格取得のための最低勤務期間は6ヶ月を超えてはならない。休暇を取る時期は、原則として使用者が当該被用者またはその代表者と協議してきめることとする。…

1970年の有給休暇条約(改正)(第132号)

祝祭日に国民を一斉に休ませる今の休暇制度から、個人が時期を選んで最低10日程度連続して休める国際基準の休暇制度に変えることが、旅行需要の平準化を推し進めるのには必要なことだと思います。

今日5月3日は憲法記念日、象徴天皇制を示唆したのは

今日5月3日は憲法記念日。日本国憲法の施行を記念する日。

日本国憲法の先頭に置かれたのは天皇についての規定です。

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

日本国憲法第1章第1条

天皇が象徴の地位にあることと、この地位が主権者である日本国民の総意に基づくという規定がなされた重要な条文です。

大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス

大日本帝国憲法第1章第1條

大日本帝国憲法では主権者は天皇でしたが、日本国憲法ではそれを主権者は国民であり、国民の総意のもと天皇を象徴の地位に置くとしました。

この象徴天皇制は新憲法の制定委員会が熊野出身の禅僧・玄峰老師の示唆を受け入れて作り出されたものだといわれます。

日本人は天皇陛下万歳と言って死んでいく。天皇を除かなければ世界から認められない。しかし天皇を除けば日本国民がアメリカに反抗する。そうなればそれを口実にソ連が進駐してくる。そうした状況の中で天皇をどうしたらよいのか。

玄峰老師が示唆したのは、天皇は一切政治に関係しない、主権は日本国民にあり、天皇を国民全体の象徴とし、政治を担当する者は国民を象徴する天皇の気持ちを受けて政治を行うという形にしてはどうかということでした。

これはその当時としては最適解であったのではないかと思います。

そして今後も天皇を象徴の地位に置き続けるかどうかは主権者である日本国民の総意に基づきます。