今日5月18日は南方熊楠の誕生日

南方熊楠
南方熊楠顕彰館/南方熊楠邸(和歌山県田辺市)

今日は南方熊楠の155回目の誕生日。
熊楠は1867年5月18日(江戸時代最後の年である慶応3年の4月15日)に紀州和歌山城下に生まれました。

5月18日は現在奇しくも「国際博物館の日」であり、「国際植物の日―世界のみんなで植物のたいせつさを考える日―」でもあります。

また熊楠が後半生を過ごした和歌山県田辺市にある着地型旅行会社・田辺市熊野ツーリズムビューローさんが法人格を取得して一般社団法人になった日でもあります。

「国際博物館の日」は1977年に制定され、「国際植物の日―世界のみんなで植物のたいせつさを考える日―」は2012年に制定されました。田辺市熊野ツーリズムビューローさんは2010年に法人格を取得しました。

どれも熊楠の誕生日にふさわしい記念日です。もちろん偶然なのでしょうが、なんという素敵な偶然かと驚かされます。

今日、南方熊楠顕彰館/南方熊楠邸では生誕記念イベントを行います。

南方熊楠生誕記念イベント
・普段は公開していない南方熊楠邸内部を公開!(10時~12時)
・先着30名様にオリジナルグッズを抽選でプレゼント!

ギンリョウソウの種子散布

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ(水晶蘭)について書かれた南方熊楠の文章のなかに、その種子について触れた箇所があります。

…多くの蘭類やこの水晶蘭などは、なかなか拾好な菌類と連合して、それに養われるという幸運な目にちょっと逢い難いから、なるべく多く種子を生んで一つでも旨く物になるを庶幾(しょき:心から願うこと)する。したがって蘭や水晶蘭の種子は、他の近類の種子に比して、その数はるかに多く、またなるべく諸方へ撒き布(し)くべきために身軽くできおる。

南方熊楠「周参見から贈られた植物について

ギンリョウソウはベニタケ属の菌類に寄生します。
「拾好な菌類と連合して、それに養われる」ために種子を「なるべく諸方へ撒き布く」。そのためにギンリョウソウはどのような方法を取っているのか、熊楠の時代にはわかっていませんでしたが、近年の研究でその方法が明らかにされました。

“ゴキブリ”にタネまきしてもらう植物「ギンリョウソウ」 | academist Journal

光合成をやめた植物3種の種子の運び手をカマドウマと特定 ―風も鳥も哺乳類も手助けしない植物の種まき方法― | Research at Kobe

ギンリョウソウの種子はゴキブリやカマドウマに食べられて散布されます。

植物は風や水や動物を利用して種子を散布しています。動物を種子散布に利用する植物は動物に果肉を食べさせて種子を糞と共に排出してもらうという方法で種子を散布しています。種子の運び手は主に鳥類と哺乳類です。

昆虫に食べられて種子を散布するという方法はこれまでほとんど知られていませんでした。

ギンリョウソウは見た目もユニークですが、その生態もユニークです。

菌類に寄生して生きる植物、ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

先日、ギンリョウソウを見かけました。

全体白く、葉緑素を持たずに菌類に寄生して生きる植物です。このような植物は昔は腐生植物と呼ばれ、今では菌従属栄養植物と呼ばれます。

ギンリョウソウについて書かれた南方熊楠の文章がありますので、そちらから引用します。

本草家の説に、支那書『物理小識』に載せた水晶蘭すなわちこれで、邦名はギンリョウソウ、ユウレイソウ、ユウレイタケ。それから『斐太後風土記』には、花葉茎共に純白、その光沢氷のごとくなれば氷草と呼ぶ、盛夏盆栽にして賞翫すべし、されど数日は保ち難しとある。学名モノトロパ・ユニフロラで、欧州、米国にも産し、植物解剖の初歩を学ぶに胚珠等の顕微鏡試験をするにしばしば用いられる。

南方熊楠「周参見から贈られた植物について
ギンリョウソウ

光合成をやめて他の生き物に寄生して生きる植物を、熊楠は森の豊かさの象徴するものだと考えました。光合成をやめた植物の中には他の植物に寄生するものもいれば、土のなかの菌類に寄生するものもいますが、とりわけ熊野の森の豊かさを示すのが菌類に寄生する植物です。菌類に寄生する植物で、わりとよく見かけるのがギンリョウソウです。

この水晶蘭科の一類は、花実等の構造から案ずると、もと石南科に近いイチヤクソウ族のものが変成したらしく、その変成の主なる源因は、その生活の方法にある。すなわちもと葉緑素を具えた緑色の葉が日光に触れて空気から炭酸を取り自活しおった奴が、腐土(フムス)とて木や落葉が腐って土になりかかった中に生じ、いわゆる腐生生活を営むに至ったから、自活に必要な葉緑素を要せず、葉は緑色を失うて鱗片に萎縮退化し了(しま)うたのだ。その根を顕微鏡で見ると、微細な菌類と連合しおり、その菌類が腐土から滋養分を取って水晶蘭を養うのだ。

前同

熊楠は森におけるフムスの重要性をとくに訴えていました。フムスを熊楠は腐敗土とか腐土、腐葉土と訳していますが、今は腐植土と訳されます。動物の遺骸や植物の落ち葉などが腐ってできた土です。

フムス(腐植土)には菌根菌が菌糸を張り巡らせています。菌根菌は植物の根っこと共生して植物にリン酸や窒素を供給する菌類です。地上の植物の8~9割が菌根菌と共生していると考えられています。

豊かな森には、土の中に極めて多様で豊かな菌類の菌糸のネットワークがあり、土壌中に多様な微生物の世界があります。土の中の生物の多様性が、地上の生物の多様性をもたらします。

熊楠は目につかない土の中の菌類の豊かさこそが大切なのだということを訴えていました。