奥三河の花祭と折口信夫

熊野信仰が成立に関わる奥三河(愛知県北設楽郡一帯)の神事芸能、花祭。
奥三河の花祭に魅了されて通う者を「花狂い」と呼びますが、その1人に民俗学者の折口信夫がいました。

第26回南方熊楠賞を受賞された中沢新一先生の文章にそのことに触れたものがあるのでここに引用します。

ところでここで私が読者の注意を喚起したいのは、折口信夫の民俗調査旅行が、まさにこの地帯でくり広げられたという事実である。信州と三河と遠州の県境地帯には、花祭や冬祭や霜月祭の名前で知られる中世芸能が、いまにいたるまで豊かに伝承されている。そのことを知った折口信夫は、足繁くこの地帯を訪れて、失われてしまった原初の芸能の息吹に触れようとした。
中沢新一「折口信夫と天竜川」

折口は「原初の芸能の息吹」に触れるために花祭に通い詰めました。

花祭は熊野信仰が奥三河に定着して創造された神事芸能。

釜で湯を沸かして神霊に捧げ、その湯で人々を浄める熊野の湯立神事が、鎌倉時代末期から室町時代にかけて熊野の修験者により奥三河に伝えられ、そこから現地で独自の発展を遂げたのが花祭だと考えられます。

今年12月8日(土)、熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年の時を経て、熊野に里帰りします。その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください。

12月8日、熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年のときを経て、熊野に里帰りします!

今年12月8日(土)、熊野本宮大社旧社地にて奥三河の花祭の公演を行います。

熊野信仰が成立に関わる神事芸能は全国各地にありますが、その代表格とも言えるのが奥三河の花祭です。

奥三河(愛知県北設楽郡一帯)に伝わる花祭は、「花(花祭)に入らずば、日本の伝統芸能は語れない」といわれる日本を代表する民俗芸能で、国指定重要無形民俗文化財。

釜で湯を沸かして神霊に捧げ、その湯で人々を浄める熊野の湯立神事が、鎌倉時代末期から室町時代にかけて修験者により奥三河に伝えられ、そこから現地で独自の発展を遂げたのが花祭だと考えられます。

花祭は熊野信仰が奥三河に定着することで創造されました。熊野三山では残念ながら湯立神事は失われてしまいましたが、熊野から離れた奥三河の地で独自の発展を遂げて、脈々と受け継がれていることは嬉しく思います。

熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年の時を経て、今年12月8日、熊野に里帰りします。その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください。

主催は、私も一員である熊野花祭を実現するために集まった有志「熊野でテホヘ実行委員会」。「テホヘ」は花祭のなかで観衆が神楽の舞い手にかける掛け声。
共催は月花祭保存会(愛知県北設楽郡東栄町)。協賛は熊野本宮大社

花祭熊野公演チラシの印刷用のPDFデータを公開しています。
ダウンロードしてプリントアウトしてご利用ください。お店などに貼って宣伝にご協力していただけたら助かります。写真を撮るなどして、TwitterやInstagramでハッシュタグ「#熊野花祭」をつけてご投稿いただけたら嬉しいです。

できるだけ多くの方々に来ていただきたいので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

チラシ表PDF チラシ裏PDF

花祭熊野公演にあたって熊野でテホヘ実行委員会では、寄付や、当日会場で配布するリーフレットへの広告掲載の募集をしています。どうかご協力お願い申し上げます。

熊野でテホヘ寄付申し込みフォーム(1口3000円から)

広告掲載についてはこちらのメールフォムでお問い合わせください。(1口5000円から)

玄峰老師の言葉「和して同ぜずでないとほんとうの仕事はできない」

日比谷図書文化館さんの日比谷カレッジで講師を務めさせていただいたときにオススメした書籍3冊のうちの1冊が、山本玄峰老師の著書『無門関提唱』(大法輪閣、1960年10月)でした。

山本玄峰老師は南方熊楠より1歳年上の熊野湯の峰出身の禅僧。時の総理の相談役を務め、太平洋戦争終結に尽力し、また天皇を国家の象徴とするよう示唆するなどした熊野が誇る偉人です。

『無門関提唱』から山本玄峰老師の言葉を紹介します。

君子は和して同ぜず、小人は同じて和せずという。君子は別々のように見えておるけれども、きちんと物の道理を弁えてる。ところが小人はいかにも仲よくしているようにして、おべんちゃらを上手に使っていても、箔がはげる。君子は言葉に現わさなくても、社会の苦しみを見ればほんとうに苦しみ、人の苦しみを見てもほんとうに自分の苦しみと感ずる。和して同ぜずでないとほんとうの仕事はできない。
(山本玄峰『無門関提唱』大法輪閣、180頁)

和して同ぜずでないとほんとうの仕事はできない。
『無門関提唱』には素晴らしい言葉がたくさん散りばめられていますが、この言葉もいいなあと思います。

オススメした書籍の残りの2冊は、松原右樹『松原右樹遺稿 熊野の神々の風景』(松原右樹遺稿刊行会、2012年10月)と、梅原猛『日本の原郷 熊野』(とんぼの本 新潮社、1990年1月)。

玄峰老師の言葉「今は日本も危い、危い。主となって国家のこの危急の場合を率いていかんならん人たちが…」

昨日8月15日は終戦記念日。玉音放送により日本の降伏が国民に公表された日。

太平洋戦争終結に向けて尽力した熊野・湯の峰(和歌山県田辺市本宮町湯の峰)出身の禅僧・山本玄峰の言葉を紹介します。禅の公案集『無門関』の第十四則「南泉斬猫」についての講義より(読みやすいように現代仮名遣いに改めました)。

今は日本も危い、危い。主となって国家のこの危急の場合を率いていかんならん人たちが、自分自身が危なくて見ておれん。戦争のおこる前に、いろんな事件がおこった。こちらへも何人も葬られておるが、ああいう人が出て来て、わからずやをやる。……まったく危ない。自分の身が危ないだけじゃない。国家が危ない。自分の身のことくらい小さい。このいま大切なときに当って政治家じゃとか大臣じゃとかいって、一体何がわれわれ民族のために、国のために働きよるか。なぜこれくらいのことがわからないかしらんと思うほど情けない。危ないかな。危ないかな。自分一人の話じゃない。猫一匹の話じゃない。それは自分自分がほんとうにひとつ気をつけて、何をいい得ていいのか、何を行ったらいいのか、どういう進路をとって進むべきがほんまかということがほんとうにわかってもらいたい。
(山本玄峰『無門関提唱』大法輪閣、177-178頁)

これは戦後、昭和30年代に語られたお話ですが、今の日本も同じような状況にあるように思えます。

では、何を教化というか。お互いが五風十雨で安らかに、楽しく暮らしていく。十日の一雨、五日の一風というて国を安んじ民を楽します、これよりほかに仏法はない。気候の揃うていくごとくに、互いに相和し、相親しみ合って、そして戦争じゃとか喧嘩じゃとかをやめる、家の中でもコトッともいわんように、玉の盤をめぐるごとくというように、円滑自在にいくようになりたいというのが仏教の本意である。
(前同、179-180頁)

遺書には、

正法興るとき国栄え、正法廃るとき国滅ぶ。よろしく正法を守り仏法を興すべし。
(前同、寿譜)

と記されていました。
上の写真は和歌山県田辺市本宮町渡瀬にある玄峰老師のお墓。

終戦記念日

本日8月15日は終戦記念日。日本の降伏が国民に公表された日。

「然れども朕は時運の趨(おもむ)く所、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、以て万世の為に太平を開かんと欲す」
昭和20年(1945年)8月15日正午に日本の降伏を伝えた玉音放送の一節です。

「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」の文言は禅宗始祖の達磨大師の言葉ですが、それを玉音放送に用いたのは、戦争終結に向けて尽力する鈴木貫太郎首相を熊野・湯の峰(和歌山県田辺市本宮町湯の峰)出身の禅僧・山本玄峰がその文言を用いて励ましたことによるものと思われます。

昭和20年(1945年)3月25日、山本玄峰は鈴木貫太郎と会談し、日本を守るために一刻も早く無条件降伏することを進言したといわれます。

もし4月に日本が降伏していたら、横浜大空襲も台北大空襲も静岡大空襲もなく、沖縄戦での被害も小さくて済み、広島や長崎に原爆投下されることもありませんでした。

戦争はどう終わらせるのかが大事ですが、「一億玉砕」や「一億総特攻」をスローガンとした当時の戦争指導者は終わらせ方について真剣に考えていなかったのでしょう。

上の写真は湯の峰にある玄峰塔。