八上神社の森

八上神社の森はいつ伐採されてしまったのでしようか?

和歌山県指定天然記念物の多くは昭和33年4月1日に指定されていますが、八上神社の近くにある田中神社の森はそれらに先んじて昭和31年11月13日に指定されています。これが和歌山県指定天然記念物の第1号。

八上神社の森は県指定天然記念物にはなっていません。激しい神社合祀が行われていた時期には氏子さんたちが抵抗して森を守りましたが、その後、たぶん戦時中か戦後かに伐採されてしまったのでしょう。森が残されていたら田中神社の森とともに指定されていただろうと思います。

八上神社の森が伐採されてしまったので、田中神社の氏子さんたちが森を伐採されないように田中神社の森の天然記念物指定を急いだのではないか、と想像します。

熊楠が「シイノキ密生して昼もなお闇く、小生、平田大臣に見せんとして写真とりに行きしに光線入らず、止むを得ず社殿の後よりその一部を写せしほどのことなり」と述べた森がかつて八上神社にはありました。
http://www.minakatella.net/letters/2sho12.html

南方熊楠は日本人の夢

昨日放送された南方熊楠生誕150周年記念のシンポジウムのなかでコーディネーターの中沢新一氏は「熊楠は日本人の夢」だとおっしゃられました。

私の夢も、熊楠が100年前に考えていたことの一部を実現することです。それは、熊野を世界の人々が訪れる持続可能な観光地にすること。

それは熊楠が100年前に夢見ていた地域の未来。
http://www.mikumano.net/nikki/20160910.html

南方熊楠と夏目漱石

先日ご著書『南方熊楠――複眼の学問構想』(慶應義塾大学出版会刊)が角川財団学芸賞に決定した松居竜五先生からサインをいただきました♪

講演での、シェイクスピアの「ハムレット」と、夏目漱石と南方熊楠のお話、面白かったです。

熊楠は日本を愛していた人ですが、「日本スゴイ」とか言う日本人に対しては「あなたは世界を知らない」ときちんと批判しています。さすが世界を相手に学問をしてきた熊楠です。