神仏習合をモチーフにした熊野グッズ

那智の御正体

『那智経塚—その発掘と出土品—』(熊野那智大社発行)の表紙。

那智経塚から出土した、熊野那智大社の主神・熊野夫須美大神の御正体(みしょうたい)。円形の板に本地仏の千手観音の像が貼りつけられています。

円形の板(神体)に仏像(仏体)を貼りつけて、神仏一体として礼拝できるようにしたものです。

熊野の神仏習合をモチーフにした商品があったらいいなあ、と思います。

熊野の神様の本地仏のカッコいいグッズ。熊野が神仏習合で栄えた霊場であったことを伝えられる商品があったら、熊野好きな人には喜んでいただけるんじゃないかなあ。

私が作っている梛の葉グッズは、じつは神仏習合を伝えられる商品でもあるのですが、「1枚の梛の木の葉っぱに熊野の神様は宿るとされたのだ」ということをいちばんに伝えたいので、神仏習合の部分については今はあえて触れずに販売しています。

熊野十二所権現のうちの「一万十万」には一万の眷属・十万の金剛童子が祀られます。

梛の葉は、そのうちの金剛童子の変化した姿だとされます。金剛童子は仏法の守護神。仏教や仏教徒を守護する神様です。

那智の扇祭り、主役は火ではなく扇神輿です

那智の扇祭り

7月14日に執り行なわれる熊野那智大社例大祭「那智の扇祭り」本祭。

このお祭りは、12柱の熊野の神々が1年に1度、現在鎮座する場所からもともと鎮座していた那智の滝へ里帰りしてリフレッシュし、また現在の鎮座地に戻る神事です。

熊野十二所の神々の神霊は、那智の滝の姿を模したとされる高さ6mの12体の扇神輿(おうぎみこし)に移されて滝前へと運ばれ、 大松明が浄めながら迎えます。

一時期「那智の火祭り」と呼ばれていた時期がありましたが、お祭りの主役は火ではなく扇神輿です。

写真は平成25年に妻が撮影したもの。

那智の扇祭り
http://www.mikumano.net/meguri/natinohima.html

明日7/13から那智の扇祭り!

那智の扇祭り宵宮祭

明日7/13から熊野那智大社例大祭、那智の扇祭り
7/13が宵宮祭、7/14が本祭。

写真は去年の宵宮祭での那智の田楽の奉納。

那智の田楽

那智の田楽はユネスコの無形文化遺産。
世界の無形文化遺産となるほどの価値のある伝統芸能も、明治時代には政府の神仏分離政策により廃絶。

幸い50年後に復興することができましたが、世界の無形文化遺産となるほどの価値のあるものがあやうく失われるところであったことに愕然とします。

明治維新を経ずに近代化を果たすことができたとしたら日本はどんなに文化的に豊かな国であったろうかと夢想します。

那智の田楽

那智の田楽