神倉神社が廃社になって復社するまでの間のお燈まつり

panpanzupan – https://app.find47.jp/ja/u/mNaFF?_ga=2.201018089.69036321.1530497003-22078316.1530497003, CC 表示 4.0, リンクによる

神倉神社が廃社となって復社するまでの間のお燈まつりは行われていなかったのでは、というようなことを先日書いたのですが、どうも違うかも。

新宮の教師で郷土史家の小野芳彦が田辺町の地方新聞『牟婁新報』の社主・毛利清雅南方熊楠の神社合祀反対運動の盟友)に宛てた書簡が『牟婁新報』明治43年(1910年)4月9日付の紙面に掲載されていますが、そこには神倉神社について次のように書かれています。

……速玉神社の摂社としてその小祠は速玉社内に遷されたるも、その祭儀御燈祭は旧に依り、かの百尺懸崖の頭にて行い居り、……

毛利清雅「新宮町に於ける神社合祀の惨状……志士仁人は此通信を何んと見るか……」『牟婁新報』明治43年4月9日付

この小野芳彦の書簡によると、神倉神社が速玉神社(現・熊野速玉大社)に合祀されて廃社となった後も、お燈まつりは廃止されずに昔のように神倉山で行っているとのこと。

廃社になった神社のお祭りは普通廃止されると思うのですが、旧社地が公売されなかったことと合わせて神倉神社の合祀は異例づくしのものであったようです。

明治42年(1909年)の新宮の地方新聞の記事の中で、熊野地方の火祭りといえば那智の扇祭りと佐野の柱松の2つだと書かれたのは、お燈まつりが行われていなかったのではなく、他に何か事情があってお燈まつりを熊野を代表する火祭りには挙げられなかったということなのかもしれません。

神倉神社が廃社になったのが明治40年(1907年)で、復社するのが大正7年(1918年)。この間のお燈まつりについては『牟婁新報』の復刻版を見れば確認できるかな。

新宮町の地方新聞には『熊野新報』『熊野実業新聞』『熊野日報』があったけれど、復刻版は出てないですよね?

明日2月6日、神倉神社にてお燈まつり


panpanzupan – https://app.find47.jp/ja/u/mNaFF?_ga=2.201018089.69036321.1530497003-22078316.1530497003, CC 表示 4.0, リンクによる

人類の火の獲得を思い起こさせる「火の祭り」が熊野には2つあります。
花窟神社の御綱掛け神事と、神倉神社のお燈まつりです。

御綱掛け神事は先日2月2日に斎行されました。
そしてお燈まつりは明日2月6日に斎行されます。

人類の火の獲得を思い起こさせる熊野の「火の祭り」

花窟神社の御綱掛け神事

人類の火の獲得を思い起こさせる「火の祭り」が熊野には2つあります。
今日2月2日に執り行われた花窟神社の御綱掛け神事と、4日後の2月6日に執り行われる神倉神社のお燈祭りです。

花窟神社の御綱掛け神事には実際の火は使われませんが、かつて「火の祭り」と呼ばれていました。火の神を産んで亡くなったイザナミの魂をお祭りする神事です。こちらのお祭りは10月2日にも執り行われます。

神倉神社のお燈祭りは山上で火をおこしてタイマツにともして下界に帰ってくるというそのまま火の獲得を思い起こさせる祭りです。

花の窟はイザナミの墓所だとされます。火の神を産んでイザナミは亡くなりました。普通、神様は死にません。お隠れになるだけです。なぜイザナミは火の神を産んで亡くなったのでしょうか。

それは母なる神をも殺すほどに火は危険なものであるという認識から生まれた神話なのかもしれません。