「ちちさま」の紹介動画を公開!

最近、日経新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」の「何でもランキング」で「自然のマジック 訪ねたいフォトジェニックな奇岩10選」というのがこの間(2019年3月16日付の紙面で)発表されました。

訪ねたいフォトジェニックな奇岩、珍しい形をした岩。その第1位が、私が住む本宮町にある、ちちさまでした。

熊野本宮大社旧社地から音無川沿いの道を500mほど遡ったところに「ちごの谷」という谷があります。その谷を100mほど入っていくと、乳子大師(ちごだいし)と呼ばれる石仏があります。

その石仏の上の岩壁には2つの丸い石が並んでいます。それが「ちちさま」と呼ばれる岩で、人が加工して作ったものではなく、天然の岩です。

乳の少ないお母さんが願いをかけると乳が出るようになると伝えられています。

『紀伊続風土記』という江戸時代末期に紀州藩が作らせた紀伊国のガイドブックのような本があるのですけれども、その本の中の本宮村のページには、

○ちごら石
音無川の上の山中にある。縦4間横6間の石である。
真ん中に乳の形が2つある。
乳の少ない婦人が立願すれば自然に乳が出ると言い伝える。
(「本宮村:紀伊続風土記 現代語訳」より)

というようなことが書かれています。

ちちさまはおっぱいの神様、子育ての神様で、お母さんたちの祈りの場でした。

ここはお母さんたちの祈りの場でした。
粉ミルクのない時代、乳が出る出ないはお母さんにとって深刻な問題で、乳が出ますようにという願いはたいへん切実なものであったと思います。

向かって右の丸石の直径はおよそ46cm、向かって左の直径はおよそ40cm。

ほぼ同じ大きさの整った丸石が女性の乳房のように2つ横に並んでいることは、奇跡的です。

女性の胸は右利きの方なら通常、左胸の方が大きいそうですが、ちちさまも向かって右の、左胸の方が大きくて、自然の造形の不思議を感じさせられます。

各地に「乳岩」などの名で呼ばれる岩はありますが、これほど見事な乳の岩は他にないのではと思われます。

地質学的には、ちちさまはノジュール。堆積岩の中に存在する周囲とは成分の異なった塊です。日本語で団塊と言います。「日本の奇岩百景+」に登録されています。

ぜひお参りいただけたらと思います。

ちちさまについて詳しくはこちら

私の行動指針

「オレの仕える熊野の神々と熊野の地、そしてオレの名にかけて」

これは第21代熊野別当・湛増から生み出されたキャラクター、ヒノエの言葉。

彼のこの言葉は、熊野に住み、熊野エヴァンジェリストとして活動する私の行動指針にもなっています。

4月1日はヒノエの誕生日。お誕生日、おめでとう!

#ヒノエ生誕祭2019

和歌山地域密着アイドルFun×Fam(ファンファン)の10thシングル『桜の咲くころ、この場所で。』 、4/10発売!!

今日3月27日は、さくらの日なので!
和歌山地域密着アイドルFun×Fam(ファンファン)の10thシングル『桜の咲くころ、この場所で。』 、4月10日発売です!!

まだ発売日前ですが、私はマリーナシティエンターテイメント代表取締役の堀内孝治さんからいただきました!! ありがとうございます!!

初回盤限定の封入特典のフォトカードは、くぅちゃんでした♪

 

クマノザクラめぐりの動画を公開

今日3月27日は、さくらの日。
それに間に合わせるということでもなかったのですが、前日の晩にクマノザクラめぐりの動画を公開しました。

YouTubeではじめて顔出ししました。
人前でお話しさせていただくことは時々あるのですが、動画の自撮りはそれとは違った緊張があって、顔がこわばってしまいました。

2019年3月24日に三重県熊野市紀和町でクマノザクラめぐりをして撮影しました。
動画内で話した内容は以下のような感じです。

クマノザクラは去年2018年に野生種の桜としては103年ぶりに発見された新種です。紀伊半島南部、熊野地方に自生します。

熊野地方で自生する桜はこれまでヤマザクラとカスミザクラの2種類と考えられてきましたが、熊野ではヤマザクラが2度咲くということが以前から言われていました。

そのうちの早く咲くほうの桜が去年、ヤマザクラとは区別される新種の桜だということが認められて、クマノザクラという和名が付けられました。

クマノザクラの学名はCerasus Kumanoensis(セラサス・クマノエンシス)。意味は熊野の桜です。英名ではKumano cherry(クマノチェリー)と付けられました。

クマノザクラの特徴としては花の咲く時期が早いことが挙げられます。

クマノザクラは3月上旬から中旬にかけて咲き始めて、ヤマザクラは4月中旬に、カスミザクラは4月下旬に咲き始めます。自生する桜では1番先に咲く桜で、3つの桜は花が咲いている時期が重なりません。だから3月上旬中旬から4月上旬にかけて熊野地方で山に桜が咲いていたらクマノザクラだということになります。

クマノザクラの特徴としては他に、ヤマザクラやカスミザクラに比べてピンク色が濃いことや、花序柄(かじょへい)と呼ばれる花を支える茎の部分が短いこと、葉っぱが小さいことなどが挙げられます。

3月に咲くヤマザクラがあることは熊野に暮らす人なら誰もが知っていることでしたが、去年それが新種として認められました。身近な所にもまだ発見されていないものがあるんだということに驚きました。

クマノザクラについて心配なのは、やはり熊野地方でもソメイヨシノなどの園芸品種の桜が植えられていて、それらの中にはクマノザクラと花の咲く時期が重なるものがあって、交雑が生じて将来的にクマノザクラが減少する可能性があること。

クマノザクラを守るためには交雑の可能性のある桜を植えないということが必要になってくると思います。

【参考】
紀和町クマノザクラめぐりマップ – 道の駅 熊野・板屋九郎兵衛の里

動画は歯車マークの「設定」で、日本語の字幕を表示させることができます。
もし翻訳していただける方がいらっしゃいましたら下記リンクよりご協力よろしくお願いします。
http://www.youtube.com/timedtext_video?ref=share&v=33kPT3jBloU

自分へのお土産は巻ぶり!

先日、石川県野々市市に行きました。
JR特急サンダーバードで最寄駅の金沢駅でお土産を購入。自分へのお土産は、巻鰤(まきぶり)!

漁師の保存食から始まった能登の名産品ですが、南方熊楠が田辺の名物として贈答品に使った縄巻鮨(なわまきすし)に見た目がちょっと似ているなと思って買いました。

こちらが縄巻鮨。昭和10年代後半に失われた幻の鮨で、写真はグリル食菜ギャレットさんによって復元されたもの

熊楠の大正10年4月9日付の上松蓊(うえまつ しげる)宛書簡に、

四月の『現代』に、幸田露伴氏、紀州田辺に過ぎたるもの二つ、南方熊楠君と日本一美味の鮨とあり。この美味の鮨とは前日差し上げたる縄巻鮨のことと存じ候。
(『南方熊楠全集 別巻1』平凡社、82頁)

熊楠が田辺の名物として推奨し、幸田露伴が「日本一美味の鮨」と絶賛した縄巻鮨。

大正9年頃に1本3円以上した縄巻鮨ですが、いま販売するなら1本1万円だそうです。ものすごく手間隙がかかっています。

ちなみに今回購入した巻鰤のお値段は2000円ぐらいでした。