奥三河の花祭の最高神、切目王子と見目王子

奥三河の花祭で最も重要な神として祀られるのが切目王子(きるめおうじ)と見目王子(みるめおうじ)。

熊野九十九王子のうちの切目(きりめ)王子が奥三河で読み方を変えて「きるめ王子」となったのだと思われます。みるめ王子は熊野九十九王子のうちに相当するものがなさそうなので、きるめ王子と対になる神様として奥三河で独自に出現した神様なのでしょう。

11月24日(土)に明治神宮参集殿で開催の熊野本宮大社御創建2050年記念シンポジウム「聖地熊野の神髄を抉る」で基調講演の講師を務められる文化人類学者の鈴木正崇先生(慶応義塾大学名誉教授、日本山岳修験学会会長)のご著書より。

花祭の最高神は「切目(きるめ)王子」と「見目(みるめ)王子」で、修験者の霊ともいう。熊野の王子信仰を読み替えて守護霊に転化したもので、悪霊を「切る」、不可視のものを「見る」能力を持つ神霊である。これらを守護霊に背負うことで、悪霊に打ち勝ち、霊界・他界を見通す「目」を養う能力を駆使する力を持つと信じられた。修験の霊能を凝縮したような神霊である。
(鈴木正崇『熊野と神楽 聖地の根源的力を求めて』42頁、平凡社)

和歌山県印南町にある切目山は熊野権現が一時鎮座したとされる土地で、そこに祀られる切目王子は熊野九十九王子のうちで最も重要視された神様であったろうと思われます。そのような神様が奥三河の花祭でも最も重要な神様とされました。

熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年の時を経て、12月8日(土)、熊野に里帰りします。その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください。詳しくは↓

花祭熊野公演チラシの印刷用のPDFデータを公開しています。
ダウンロードしてプリントアウトしてご利用ください。お店などに貼って宣伝にご協力していただけたら助かります。写真を撮るなどして、TwitterやInstagramでハッシュタグ「#熊野花祭」をつけてご投稿いただけたら嬉しいです。

できるだけ多くの方々に来ていただきたいので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

チラシ表PDF チラシ裏PDF

花狂い

「花狂い」ということばがある。愛知県北設楽郡一帯に伝わる花祭に、身も心ものめり込んでしまった人のことである。冬が近づくと花祭の囃しである、「テーホヘ テホヘ」の独特のリズムと響きが耳に浮かんで離れなくなるのだ。
花祭は霜月の頃に行われる独特の湯立て神楽で、太陽の力が衰えるこの時期に、生命と大地の再生を祈念して行われ神事である。大きな釜に湯を沸かし、神々を招き舞いを奉納し、神とともに新たに生まれ清まるのである。
(内藤久義「花を継ぐもの―― アチックミューゼアムから花祭の未来へ ――」
http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/handle/10487/11897

熊野花祭を実現するために集まった有志「熊野でテホヘ実行委員会」にも花狂いがいます。
これまでに20年ほど花祭に通っている彼女の熱意により花祭熊野公演が今年12月8日(土)に熊野本宮大社旧社地にて実現することとなりました。

熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年の時を経て熊野に里帰りします。その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください。詳しくは↓

花祭熊野公演チラシの印刷用のPDFデータを公開しています。
ダウンロードしてプリントアウトしてご利用ください。お店などに貼って宣伝にご協力していただけたら助かります。写真を撮るなどして、TwitterやInstagramでハッシュタグ「#熊野花祭」をつけてご投稿いただけたら嬉しいです。

できるだけ多くの方々に来ていただきたいので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

チラシ表PDF チラシ裏PDF

奥三河の花祭と渋沢敬三

熊野信仰が成立に関わる神事芸能、奥三河の花祭。
奥三河の花祭に魅了されて通う者を「花狂い」と呼びますが、その1人に渋沢敬三がいました。

渋沢敬三は日本銀行総裁や大蔵大臣などを務めた人物。民俗学者でもあり、南方熊楠没後の顕彰事業も行いました。

昭和4年(1929年)の正月、渋沢敬三は初めて奥三河を訪れて花祭を見学しました。
昭和5年、正月に見学。さらに4月13日には東京三田綱町の自邸で東京で初めての花祭の公演を行いました。
昭和6年、正月に見学。
昭和8年、正月に見学。
昭和9年、正月に見学。
昭和10年、正月に見学。
昭和24年、正月に見学。これが最後の奥三河訪問となりました。
鈴木正崇「澁澤民間学」の生成 -澁澤敬三と奥三河-」を参考)

上の動画は愛知県東栄町奈根中在家(なかんぜき)の花祭の模様。
渋沢敬三が自邸での花祭公演のために招いたのが中在家地区の人々でした。

今年12月8日、熊野本宮大社旧社地で花祭を公演してくださるのは愛知県東栄町月の月花祭保存会のみなさま。

熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年の時を経て、今年12月8日、熊野に里帰りします。その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください。詳しくは↓

花祭熊野公演チラシの印刷用のPDFデータを公開しています。
ダウンロードしてプリントアウトしてご利用ください。お店などに貼って宣伝にご協力していただけたら助かります。写真を撮るなどして、TwitterやInstagramでハッシュタグ「#熊野花祭」をつけてご投稿いただけたら嬉しいです。

できるだけ多くの方々に来ていただきたいので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

チラシ表PDF チラシ裏PDF

「奥三河の花祭って何?」という方のために

今年12月8日(土)、熊野本宮大社旧社地にて奥三河の花祭(おくみかわのはなまつり)の公演を行います。

奥三河の花祭って何という方のために、熊野三山協議会幹事や熊野歴史研究会事務局長、国際熊野学会常任委員などを務められる山本殖生先生のご著書『熊野 八咫烏』(原書房)のなかで奥三河の花祭について触れられている箇所があるので、それをここに引用します。

愛知県北設楽郡の各地で行われる修験道色の濃い湯立ての霜月神楽は、花祭ともよばれ、よく知られている。舞処(まいど)に釜を掛けて湯を沸かし、天井に湯蓋や切紙を飾り諸国の神々を勧請して行う。採物をもった花の舞や面をつけた榊鬼の舞などが繰り広げられる。火と水で地霊を鎮め、生命の予祝と生まれ清まりを願い、神を讃える歌があり、舞で地固めの反閇(へんばい)を踏み、湯立てで亡霊を鎮撫し、神を慰め幸福を祈るのである。
(山本殖生『熊野 八咫烏』原書房、269頁)

今回の花祭熊野公演開催にあたり、山本殖生先生にはお力添えを賜わり、また熊野三山協議会さま、熊野歴史研究会さま、国際熊野学会さまからはご後援をいただいております。

熊野から奥三河に伝わった湯立神事が数百年の時を経て、今年12月8日、熊野に里帰りします。その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください。

花祭熊野公演チラシの印刷用のPDFデータを公開しています。
ダウンロードしてプリントアウトしてご利用ください。お店などに貼って宣伝にご協力していただけたら助かります。写真を撮るなどして、TwitterやInstagramでハッシュタグ「#熊野花祭」をつけてご投稿いただけたら嬉しいです。

できるだけ多くの方々に来ていただきたいので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

チラシ表PDF チラシ裏PDF

夜明けには1000羽の烏と現じて日本国をお守りになり

山本殖生先生のご著書『熊野 八咫烏』のなかで奥三河の花祭の史料が紹介されています(269頁)。愛知県東栄町小林の大屋地家文書の寛文8年(1668年)3月の「御崎祭文」。

その現代語訳に取り組みましたが、途中からわからなくなりました。

(上略)熊野権現へ申し上げたい。熊野権現は三国一の総持門(密教)と承っております。宵には9尺の熊と現じて鬼の田国をお守りになり、暁には8尺の虎と現じて仏性国をお守りになり、夜明けには1000羽の烏と現じて日本国をお守りになり、熊野権現の蘇民の子孫と申す者、痛難久、神九字を普羅ら瀬給しと申せども、天照大神の牛王1000枚、熊野権現の牛王1000枚、富士浅間の牛王1000枚、3000枚の牛王を申し下ろし、御手の指を喰い切り、身の血をあやめて、正八幡と若宮と起請文にお立ちになって、熊野権現の牛王は、蘇民子孫と申す者には痛難久当定事と致さないつもりならば、津嶋の沖と中荒原1000町、田1000町、沖も1000町、合わせて3000町の沖や御崎の位所に参じ馳せようとのお約束でございます。起請文の罰の当らぬ先に、速やかにお立ちください。喼々に敬いて申し上げます。
時に寛文8年申3月中旬
遠州気賀(現・静岡県浜松市北区細江町気賀) 武兵衛がこれを書く

途中からわからなくなりましたが、熊野権現の神威を説いていることは伝わってきます。宵には熊となり、暁には虎となり、夜明けには1000羽の烏となって日本国をお守りになる、と。

本祭文は、軍神、先導神であり、神の荒御霊を示す御崎神の追放過程を通して、熊野権現の威力を申し述べた祭文という。
(山本殖生『熊野 八咫烏』原書房、270頁)

とのことです。

今年12月8日(土)、熊野本宮大社旧社地大斎原にて熊野花祭を行います!
その歴史的な瞬間にぜひ立ち会ってください。

花祭熊野公演チラシの印刷用のPDFデータを公開しています。
ダウンロードしてプリントアウトしてご利用ください。お店などに貼って宣伝にご協力していただけたら助かります。写真を撮るなどして、TwitterやInstagramでハッシュタグ「#熊野花祭」をつけてご投稿いただけたら嬉しいです。

できるだけ多くの方々に来ていただきたいので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

チラシ表PDF チラシ裏PDF